2008 卒業論文 ひきこもり支援における親の会の存在とそのあり方

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数26
閲覧数1,610
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ひきこもり支援に関する卒業論文です。
    テーマ選択の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2008 卒業論文 ひきこもり支援における親の会の存在とそのあり方
    序章・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
    1.動機・目的
    2.検討課題
    3.研究方法
    第一章 ひきこもりとは何か・・・・・・・・・・・・・・・・7
     第一節 ひきこもりの概要
     第二節 ひきこもりの原因と背景
     第三節 なぜひきこもりを支援するか
    第二章 ひきこもり支援の現状と親の会の存在・・・・・・・・28
     第一節 ひきこもり支援と親の会の役割
    第二節 親の会の活動内容
     第三節 セルフヘルプ・グループとしての機能
    第三章 親の会の会員の声から・・・・・・・・・・・・・・・44
     第一節 ひきこもりの本人への対応の仕方
     第二節 会員が親の会に求めること
     第三節 親の会の今後の展望について
    終章 総括・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60
    第一節 まとめ
     第二節 よりよいひきこもり支援に向けて
    おわりに
    序章
    1.動機・目的
    近年、日本社会が抱える大きな問題の一つとして「ひきこもり」と呼ばれる青少年の増加が叫ばれており、近年の青少年問題における一角をなすものとして注目されてきて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。