佛大 A評価 Z1106:道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数422
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学レポートに役立てば幸いです。
    A評価を頂いてますが、自身にてテキスト参照確認をしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の意義について述べよ。
    第2次世界大戦以降の学習指導要領の変遷より、道徳教育がどのように変化したのか。意義と関わりについて述べる。
     【道徳教育の意義】
     自然的、社会的、文化的環境との相互関係と通じて他律を経て自律の段階へと形成されるものが道徳教育であり、日常生活において、現実と道徳的理想との克己の中に置かれているものであり、教育の中核と言える。また、学校の場のみならず、家庭科や社会の場での役割がきわめて大きく相対的に行うことが望ましい。
     教育養成・確立の為にも日々の生活の中で、いろいろなことを体験や経験していく中で、自ら立志、知識を得て積み重ねたりすることで、自分の生き方を身につけ子ども自身が道徳性が確立される。
    【学習指導要領の変遷より】
    1.学習指導要領 一般編(試案)制定(昭和22年)
    昭和22年の学習指導要領改訂が短期間で制定された内容であることもあり、第1回改訂では、9教科から下記の四領域へ大まかな枠組みへと再編。
    国語・数学(主として学習の技能や発達させるに必要な教科)
    ・音楽・図画工作・家庭(主として創造的要素を発達させる教科)
    ・社会科・理科(主として社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。