聖徳大学 教育課程論 第1課題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数328
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題『教育関係法規のなかの「教育課程」について説明し、教育課程の基準が設定されている理由について論じてください。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    1.教育関係法規における「教育課程」
    教育課程とは、「学校教育の目的を達成するために、教育の内容を児童・生徒の発達に応じて、授業時間数との関連において総合的に組織した学校の指導計画」である。教育課程にかかわる法的根拠は、憲法、教育基本法、学校教育法、学校教育法施行規則に示されており、各学校はこれらの法令に従って教育課程を編成しなければならない。
     まず憲法では、第26条において教育を受ける権利、普通教育を受けさせる義務、義務教育の無償が規定されている。この規定を受けて、教育基本法は教育の目的・方針・機会均等の基本原則について規定している。それを受けて、学校教育法は、具体的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。