児童養護施設の内容と入所児童の監護・教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数384
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童養護施設には、様々な事情により両親と暮らすことの出来ない児童が生活をしている。なかには、人間形成の重要な時期を親と離れ施設で生活する児童も多いため、施設で児童が受ける養護の内容は非常に重要である。そこで本稿では、児童養護施設の内容と入所児童の監護と教育がどのように行われているかについて論じる。
    児童養護施設は、児童福祉法によって定められた児童福祉施設のうちの一つである。児童福祉法には、すべての児童の生活は保障され、愛護され、保護者と国及び地方公共団体は児童の育成と保護の責任があるとしている。つまり保護者による養育が困難・不適切であり家庭養護にて児童を育成出来ない場合は、国や地方公自治体が児童の養育を行わなければならない。このことを社会的養護といい、実際に養護を必要とする児童を養育する場所が、児童養護施設である。
     児童養護施設に入所してくる児童は、保護者のない児童、被虐待児、様々な事情により家庭での養育が困難・好ましくなく環境上養護を要する児童である。以前は、両親のいない児童が入所することが多かったが、現在では社会情勢、育児を取り囲む環境の変化により、両親はいるが虐待・酷使、放任・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。