000236 情報学概論4単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数256
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    000236情報学概論 4単位目 

    <課題>
    1.情報システム学の研究の考え方および方法論をまとめなさい。

    2.情報システム教育に関する現状、課題をまとめなさい。

    <講評>
    1.システム学の研究の考え方および方法論について適切にまとめています。

    2.高度な情報通信技術者の育成を目指して、企業、大学、研究機関等で共同研究の模索が始まっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    000236 情報学概論4単位目
    <使用テキスト>
    ・「情報システム学へのいざない」
    浦昭二、細野公男、神沼靖子、宮川裕之共編著
    (培風館)        配本2010年度~
    <課題>
    1.情報システム学の研究の考え方および方法論をまとめなさい。
    2.情報システム教育に関する現状、課題をまとめなさい。
    1 情報システムは、人間がつくり、人間とともに機能する人工物であって、それは計画、設計、開発、運用のすべての段階で我々人間を巻き込み、一体となって機能する社会的存在である。情報システムの研究は、その本質において実践を改善するものでなければならず、組織社会において情報技術のデザイン、デリバリー、利用、影響を研究する必要がある。研究の特徴として、学際性と実践性が挙げられる。学際性は、情報システム学には多くの基礎となる学問分野が存在し、それはすぐれて問題思考的である。実践性は、よい理論であるかどうかはひとえにその有用性にかかり、実践に役立つかどうかが決定的に重要であるということである。実践によって、技術や社会や組織と触れ合う場が生まれる。そこでは社会や組織が技術によって影響を受けるとともに、技..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。