459初等教育原理ⅠⅡ 4単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数491
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <課題>
    1.学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育の現状、問題点について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459初等教育原理ⅠⅡ 4単位目 合格レポート
    <使用テキスト>
    ・「現代教育改革に立つ教育の原理」
      明星大学教育原理研究会編
      (明星大学出版部) 配本年度2009年度~
    <課題>
    1.学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育の現状、問題点について考察せよ。
    <講評>
     学校経営の近年の動向や子どもを取り巻く環境の変化について、よく検証されています。
    1.学校選択制の目的は市場原理と自己責任の原理を前提に、保護者が学校選択権を行使することで子どもたちによりよい教育を保障することにあるという意図がある。選択制には、もともとあった学校間の階層差(家庭環境の差)をあらわにし、促進する作用があることがうかがわれる。学校選択制が、他の学校に対する優越競争だけを原理とする限り、自校に対する消極的な情報が地域に開示されることは難しい。なぜなら、不利な情報の開示は、入学者の忌避を招くだけだからである。また、入学時の子ども・保護者の「選択」の獲得のみが目標となるような現在の選択制度では、継続的なよりよい教育の保障よりも、選択時における好..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。