759初等生活科教育法 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数706
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2.第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    759初等生活科教育法1単位目 合格レポート
    <課題>
    生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。
    <講評>
    2点を中心に言及し、配慮がなされています。
    地域にかかわり、よく構想されています。
    1 生活科教育では、活動や体験を通して指導することが大切である。なぜなら、低学年児童は思考と活動、思考と感情等が未分化な発達状況という特性があるからである。そして、生活科の教科目標である「・・・自立の基礎を養う」ことを念頭に置き、生活科の指導計画は作成されなければならない。では、この前提の上で指導計画作成上の留意点について考察していきたい。
     生活科教育は他の教科と異なり、「活動や体験」に重点を置く以上、様々な人々の協力が必要であり、それは一時的なものではなく継続的になされることにより、効果をもたらすものであると考えられる。したがって、指導計画上の留意点として、①主体の位置づけと主体の関心、②関係・かかわり・連携の2点にあると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。