631体育科教育Ⅰ 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数273
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小学校体育科の学力と評価の観点について。
    「指導と評価の一体化」とはなにか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    631体育科教育Ⅰ 2単位目合格レポート
    <課題>
    小学校体育科の学力および評価の観点について説明せよ。また、「指導と評価の一体化」について考察せよ。
     小学校体育科において、求められる「学力」とは何か。
    それについては、2点挙げられる。まず、児童が自ら進んで運動に親しむ習慣を身につけ、自発的に運動する力である。そして、生涯にわたるスポーツ生活の基礎を習得し、自らの生活を見直しながら、課題を見つけて健康な生活習慣を身につけていく力であると考えられる。さらに、それは知識としての理解にとどまるのではなく、行動できることをもって、「学力」といえるのではないか。
     私が「評価」と聞いて連想することは、テストにより、できる子とできない子を分けて、ランクをつけるということである。しかし教育活動においては、評価の中心は子どもたちの学習の成果に重点を置かなければならない。
    子どもたちは、評価の内容を自分なりに解釈するからだ。これまでの学習を振り返り、今後どうすればいいのかを自分なりに考える。評価は子どもたちがわかりやすいよう、具体的かつ更なるやる気を引き出すものであるべきである。
     評価の観点には、4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。