S0714  教育実習研究(小)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数459
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定のリポートです。


    教育実習をするにあたって留意するべきことを述べよ。

    「教育実習」を受けることは、将来の職場学習であり、将来の自分の進路へのビジョンともなるものである。教育実習を受けるにあたっては、多面にわたって留意しなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育実習をするにあたって留意するべきことを述べよ。
    「教育実習」を受けることは、将来の職場学習であり、将来の自分の進路へのビジョンともなるものである。教育実習を受けるにあたっては、多面にわたって留意しなければならない。
    1.服務義務の遵守
     実習現場は、「学校」という教育機関であることは言うまでもない。実習生といえども、教壇に立てば児童生徒からすれば、一教師として見られる。全ての言動が、児童生徒の模範となるよう努めなければならない。そのためには、まず教職員としての服務義務を守る必要があり、実習を行う学校の校内服務規程の遵守等、基本的な職務上の義務として常に念頭に置いて言動しなければならない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。