佛教大学小学校免許課程レポート 生活科概論 第1設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,344
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。
    <第一章> 生活科のこれまでのあゆみ
     戦後教育の中で大きな改革となったのが生活科の新設である。平成元年の学習指導要領の改訂で、小学校の低学年に生活科が新設された。それに伴って、従来の小学校低学年の理科と社会科が廃止されたのである。
     昭和30年代後期から40年代初期にかけて、低学年においての社会科や理科の在り方が問われるようになった。そして、他教科や道徳と関連付けた指導を行うこと、子どもの体験的な働きかけを重視することなど、改善が図られた。昭和46年には、中央教育審議会答申「今後における学校教育の総合的な拡充整備のための基本的施策について」において、特に低学年において「これまでの教科の区分にとらわれず、児童の発達段階に即した教育課程について再検討する必要がある」と指摘された。昭和50年代には、社会科と理科の内容を中心とした新教科の設立が提案され、検討が進められた。しかし、低学年教科の再構成にまでは意見はまとまらず、昭和52年の学習指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。