佛教大学小学校免許課程レポート 教育方法学 第2設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
     現代の子供達が取り囲まれている環境は以前とは大きく変わっている。情報通信技術が発達し、情報化社会、さらには知識社会といわれる状況にある。教室で授業を展開していく場合においても、黒板、教科書、ノートといった道具に加え、子供達の学びを支援する新しい道具も現れてきている。基礎基本の学力を指導するためのメディアや環境は、これまで以上に充実してきているといえる。このような時代にあり、情報化の進展の中で生きていくためには、いわゆるパソコンなどの情報機器の学習も徹底していかなくてはならない。しかしながら、ただ単にパソコン等の情報機器が操作できるというだけでは十分ではない。その情報機器を操作して得た情報について、その情報が必要な情報なのか、必要な情報でないのかということを判断する力も重要となってくる。我々に必要とされているのは、「判断する力」など「目に見えない能力」であるということ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。