T30300/日本大学通信教育部/英語科教育法Ⅲ 分冊1『第2章』/合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数616
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育学部
    出題有効期間 平成27年4月1日-平成29年3月31日
    合格評価を得た解答を、そのまま出品いたします。

    出品者からのコメント
    難易度の高い英文に対する適確な解釈力が要求されます。この合格レポートをご覧になって頂き、合格のレベル感を掴んで頂きたいと思っております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2章conclusionの翻訳
    Teacher of foreign languages must take student personality and cognition variables into account; above all, they should sensitize themselves to a wide variety of successful strategies and techniques for language learning.
    外国語の教師は学生の性格と理解度を汲み取る必要があります。とりわけ、語学習得に関する成功戦略と多種多様な技術に対して敏感になるべきです。
    Then, with the help and cooperation of better language learners, they can help less successful students increase their level of competency.
    また、比較的出来る生徒から手助けと協力を得て、比較的出来ない生徒の能力を向上させることが出来ます。
    S..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。