法律学概論第2設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数150
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉人権医療社会発達法律問題家族脳死

    代表キーワード

    法律学概論人権

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医療をめぐる法律問題について」
    現代における医療と法の関係を論じる場合、大きく分けてこれに二つの側面からアプローチできる。まず、医療における患者の権利の確立に関する諸問題である。従来の恩恵的・権威主義的な医療を反省し、医者と患者の主関係を権利義務に基づいた関係に変えていくことで、適切な医療を確立しようとしている。その表われとして、患者の自己決定権の承認や、医師の医療過誤責任を追及する訴訟の増加などがある。次に、今日の医学の急速な進歩により生じてきた一連の問題、体外受精などの生殖補助技術やクローン、脳死と臓器移植などがある。
    はじめに、医療における患者の主体的地位の尊重について述べる。日本国憲法は第25条で生存権を保障しており、この実現には適切な医療を受ける権利が非常に重要な意味を持つ。かつて、わが国の医療は恩恵的で、医療患者関係は医師の権威主義の影響を強く受けた。しかし、今日の医療の高度化、複雑化、分業化、産業化や診療時間短縮などを契機として医療の歪みや医者患者関係の希薄化が問題化した。これらを解決するため、患者の主体的地位を尊重し、より適切な医療の実現を図る必要性が強調され始めた。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。