経済学概論第2設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数273
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題 アメリカにおいておし進められてきた「新自由主義」政策が「貧困大国」を生み出した事態について、災害、医療、教育、戦争という「人のいのち」にかかわる四つの領域のどれか一つの領域を選んで、その実態を詳しくつかみ、重要なことを整理してみよ。
    『ルポ 貧困大陸アメリカ』は目前に迫った日本の未来の姿を表しているのだろうか。私は、一人の高校教師として、「教育」に関わる領域について、学んだことを整理し、自分なりの考えを述べたい。
    一般に「○○」大国とは、経済や軍事のように、その国の特徴を表す。しかし、その○○が「貧困」であり、今日、唯一の超大国アメリカ合衆国について筆者が用いることにはじめは違和感を覚えた。しかし、読み進めるにしたがって、筆者の意図を理解できた。アメリカ国勢調査局が発表したデータによれば、2005年度の国内貧困率(四人家族で世帯年収2万ドル以下)は12.6%、うち18歳以下の貧困児童率は17.6%で、これは2000年からの5年間に11%上昇した。農務省のデータによれば、2005年に国内で飢餓状態を経験した人口は全人口の12%。また、アメリカ内国歳入局によると、2006年度の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。