ピアジェの発達理論

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数413
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間発達学
    ピアジェの発達理論
    [文書のサブタイトルを入力してください]
    [作成者名を入力してください]
    2010/05/11
    提唱者: Piaget, J. (1896-1980)
    スイスの児童心理学者。発達的認識論者。
    子供の知能や発達に関して、画期的な理論構築を行った。
    初期には、臨床面接と呼ばれる手法で子供の世界観、因果関係認識、道徳判断等の構造を調べ、自己中心性の概念を築いた。
    その後、共同研究者であるインヘルダーらとともに、実験手法を用いて空間概念や保存概念などの発達に関して、認知構造の段階的変化をとらえ、その仕組みを群性体などの数学モデルによって理論化した。発達における情動の役割や社会的・文化的な要因を軽視したことで批判もされたが、発達心理学の発展に与えた影響力は計り知れない。
    用語
    シェマ…環境との環境において形成される知識の枠組みのことをいう。したがって、   活動を支える機能的な組織・構造、基本的行動様式(図式)といえる。
    同化…個体が外界に働きかける際に、すでにもっているシェマを使って外界の事物を取り入れる働きのことである。たとえば、新しい事物に出会った際にそれを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。