井原西鶴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,791
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    井原西鶴

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    井原西鶴
    生涯と人物像 
    井原西鶴とは、1642年(寛永19年)から1693年(元禄6年)にかけて実在した「江戸の巨匠」と呼ばれた俳人である。彼の代表作には、「浮世草子」があり、後世に残る名作として高い評価を受けている。井原西鶴の生涯については、あまり詳細な資料が少ないため不明な点が多いとされているが、大阪出身で町人の家に生まれたため、裕福な生活を過ごしたとされている。井原西鶴は、15歳の頃から俳諧を学んだ。井原西鶴が俳諧を教わったのが談林派の西山宗因とされている。西山宗因は、江戸時代に栄えていた談林派の第一人者とされる人物で、俳諧を関西から、またたくまに全国に普及させた人物である。これが、松尾芭蕉の蕉風俳諧の基礎にもなっていると言われている。井原西鶴が談林派の第一人者である西山宗因のもとで学んだ俳句の特長には、通俗的な目新しい詠みぶりが挙げられる。また、自由奔放に句を読んだとされていることから当時の風潮からとって「オランダ西鶴」とも呼ばれていた。この頃の井原西鶴の俳諧に対する才能を表す伝説として、1日のうちにどれだけ多くの歌を詠むことができるかを競う「矢数俳諧」で、井原西鶴は、2万2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。