日本大学通信教育部 英米文学概説1

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数352
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    L・D・Lerner(以下、ラーナー)の詩の明確な表現に関する見解に基づいて詳述する。
    初めにW・Shakespeare(以下、シェイクスピア)の著書Hamlet(以下、『ハムレット』)の第1章の第2場面の文“O, God, O God How weary, stale, flat, unprofitable seem to me all the uses of this world.”(ああ、神よ、神よ。私にはこの世の全ての営みが何と、わずらわしく、退屈で、無益なこととしか見えぬ)を引用し、その文で用いられている“flat”の言葉について考察する。ハムレットがこの言葉について興味があることは、人生のはかなさや無益さを提案することにある。つまり、シェイクスピアは言葉が表す表面的な文字通りの意味だからではなく、ハムレットがここで表現している感覚に正確に当てはまる感じを読者に連想させるためにその言葉を選んでいるのである。要約すれば、書き手は言葉の表現が正確な違った表現方法を指し示すべきだということである。
    また、『ハムレット』からの1節について言えば、単語の精密な連想が、前後の文脈によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。