社会復帰の援助について考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数56
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    看護学生時代のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会復帰の援助について考える
    精神看護実習を通して、精神に障がいのある患者の社会復帰に向けた援助について考えることができた。
     受け持たせて頂いた患者は、生活面において、清潔や食事、排泄、金銭管理などのセルフケア能力は高く、病棟のルールを守るなどの社会性も身についていた。Aさんは病識が全くなく、退院できない理由は自分が犯した罪に対する罰ではないかと考えていた。このようにAさんは病識がないため、抗精神薬に対して医師が処方しているから大丈夫だろうという気持ちで服薬している状態である。以前は自己管理をしていたが、副作用があったことや外出中に飲み忘れることなどがあり自己管理を中止している。またAさんは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。