583教師論 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数666
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    583 教師論1単位目 合格レポート
    1 教員養成の歴史について論述せよ。
    講評 教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2 教職の専門性について論述せよ。
    講評 専門性に関する見識を深め、職責についても充分に論究されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    583 教師論1単位目 合格レポート
    1 教員養成の歴史について論述せよ。
    講評 教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2 教職の専門性について論述せよ。
    講評 専門性に関する見識を深め、職責についても充分に論究されている。

    明治政府は、明治5年8月に「学制」を領布した。教員養成を行う学校、「師範学校」に関する規定を作り、日本初めての教員の養成規定したものであった。
    明治6年5月制定の「小学校教師心得」では、「師として模範を示す」者を養成する学校が師範学校であるというものが先だったことを示した。
    明治14年6月に公布された「小学校教員心得」は、明治12年に下された「教学聖旨」によって、大きな変化を生じさせた。特に強調されているのは、知識才芸を養うよりも仁義忠孝に基づく儒教的道徳教育を優先させる教育を、教学の要とするべきであるということであった。明治の初期より明治政府が進めてきた欧化政策が、知識・才芸の教育にのみ傾斜しているとの観測があり、儒教主義による道徳の教育に急展開を図ろうとする姿勢であった。
     明治19年には、「師範学校令」が公布された。この師範制度の整備に大きな役割を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。