各論 地域 原稿

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数605
ダウンロード数110
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )


     近年、日本のソーシャルワーク実践は、「課題別対応による実践」から「地域割による実践」へと変化している。つまり、社会福祉六法等の法的枠組みに基づく課題別あるいは対象者別アプローチから、「地域を基盤とした総合的かつ包括的な実践」、点を含めた面への援助に変化し、「地域」が社会福祉実践の対象領域となったのである。そもそも、「総合的かつ包括的な相談援助」が重視されるようになった背景には何があるのか。①生活課題の多様化により、従来の枠組みでは対応できない課題が出現したことである。時代の変化とともに、人々のニーズも徐々に変化し、今までの制度では対応しきれなくなったのである。②ソーシャルワークが対応すべき課題の深刻化である。虐待問題、金銭問題、対人関係の問題等、現代の抱える問題は極めて深刻なものである。また、これらの問題には複数の要因が隠れている場合もあり、対応が難しくなっている。③地域福祉強力な推進があげられる。住民と行政の協働による地域における「新たな支え合い」の重要性が指摘されたことにより、地域福祉の考え方が後押しされるようになった。④社会福祉基礎構造改革の影響である。社会福祉制度はソーシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。