知的障害教育Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数241
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     [設題1] 「自立活動」の目標と意義、教育課程上の位置づけ、各区分と具体的な指導内容について述べよ。
     ここでは、特別支援学校小学部および中学部の「自立活動」の目標(ねらい)と意義、教育課程上の位置づけ等を中心として取り扱っていくことにする。
     では、そのねらいであるが、「個々の児童又は生徒が自立を目指し,障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な知識,技能,態度及び習慣を養い,もって心身の調和的発達の基盤を培う。」ことにある。そして、自立活動の目標は,学校の教育活動全体を通して,児童生徒が障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要とされる知識,技能,態度及び習慣を養い,心身の調和的発達の基盤を培うことによって,自立を目指すことを示したものである。ここでいう「自立」とは,児童生徒がそれぞれの障害の状態や発達の段階等に応じて,主体的に自己の力を可能な限り発揮し,よりよく生きていこうとすることを意味している。
    そして,「障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服する」と
    は,児童生徒の実態に応じ,日常生活や学習場面等の諸活動にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。