[1]ゲル濾過によるタンパク質の分離・精製

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数1,113
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    タンパク質の精製と機能・構造
    [1]ゲル濾過によるタンパク質の分離・精製
    1.目的:タンパク質を分子量(size)の違いによって分画するゲル濾過法を習得する。
    2.試薬
    カラム(PD10)
    緩衝液(25mM Tris-HCl,pH8.0,0.3M NaCl)
    サンプル(フィブリノーゲン+VB₂) 
    スタンダード(フィブリノーゲン) 1.6mg/mL
    タンパク質定量試薬(Pierce社 BCA Protein Assay Kit)
    3.方法
    PD⁻10カラムを垂直に固定し、下部の栓を開けてカラムに入っている液を抜いた。
    緩衝液25mLをカラムに流し、ゲルを平衡化させた。
    緩衝液1mLをメスピペットで量り取り、カラムに流した。緩衝液1mLは21滴に相当した。
    サンプル(2.5mL)をPD-10カラムの上に、静かに重層した。
    溶出液を小試験管に1mL(21滴)ずつ採った。サンプルがカラムに吸い込まれた後は、カラムを涸らさないように緩衝液を加えながら、溶出液を16本目まで取り続けた。10が一番黄色の発色が濃かった。
    色素が出終わったのでカロムを止めた。
    マイクロプレートのウェルに各試験管(1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。