薬剤基礎実習レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数594
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬剤基礎実習レポート
    錠剤の製造
    目的
       製剤の製造法には何種類かあり、各製造法を学ぶ。また、製造工程、各単位操作、添加剤の働きを学習する。
    方法
       アスコルビン酸の錠剤を湿式顆粒圧縮法で調製しました。私たちは3班だったので、
    <アスコルビン酸45g、 デンプン30g、 白糖73.4g、 
     ポビドン30ml、 リボフラビン0.1g、 
     ステアリン酸マグネシウム1.5g                 >
    加えて150gにしました。
    秤量
    ステアリン酸マグネシウム以外のすべての原料を、はかりで規定通りの重さを測定してフルイに置く。さらに原料をフルイにかける。
    混合
    フルイにかけた粉末を乳鉢にうつして乳鉢としゃもじで混合して、完全に均一にする。
    練合
    手を石鹸で洗ってタオルなどで手を乾燥させる。混合済み粉末に結合剤であるエタノール30mlを加えて、乳鉢を回転させたり、上下に振ったりする。また乳棒の回転方向の逆方向に乳鉢を回転させる。例えば乳棒を右回転させていれば乳鉢は左回転させる。
    その後、手で練合させてなるべく硬い湿塊に育てる。
    造粒 
    練合した硬い湿塊を裏返した18号フルイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。