初等教育原理Ⅰ・Ⅱ1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数126
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育原理1単位目①
     教育という言葉はイメージの共有があるが、使用される背景や状況によって意味合いが大きく変わってくる。人それぞれ価値観が違うし、個人によって教育の捉え方が異なるのは当然である。カントは「教育学」の中で、「人間は教育されなければならない唯一の被造物である」「人間は教育されることによってはじめて人間となることができる」と述べている。「広辞苑」によれば「教育」は「教え育てること。人を教えて知能をつけること。人間に他から意図をもって働きかけ、望ましい姿に変化させ、価値を実現する動物」とある。
    これを学校教育と当てはめた場合、漠然としていてわかりにくい。私現在、スーパーマーケットで社員、パートタイマーを相手に魚の切り方を指導する「トレーナー」という仕事をしている。元々、人と接する事が好きで現在の仕事を行っていが、「トレーナー」を任され、「教える」ことの深さを知る事ができた。現在、ONJTとOFFJTと言う現場での直接指導と、商品知識本やビジュアルやパワーポイントを使った指導を行っている。
    どちらも教育を行う上で大切なものである。
    新入社員に教育する事が小学校教育に近いものが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。