451教育方法学2単位目  合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数160
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1・教材研究と学習指導案のかんけいとそれぞれの役割について論述しなさい

    2・次の事項についてそれぞれ調べなさい。
    ①絶対評価
    ②生きる力
    ③生活・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 授業は教材を媒介として、教師と学習者の相互関係により成立し、学習者は授業を通して、主体的に知識や技能を身に付け、教師はその授業を演出する役目を担っている。
    授業を成立させるには「目標と計画」、「教材と教具」、「授業実践」、「評価」が必要と考えられるが、「教材と教具」は、教師の選び方や解釈によって授業の質に大きな変化を及ぼすので特に重要である。そのため、より深い教材研究と充実した学習指導案の作成が求められるのである。
    教材研究とは、授業づくりの過程の出発点に位置する。それは、教材に関する全ての研究活動のことであり、質の高い授業を目指した教材作りから授業に至るまでの一連の活動全体のことであり、充実した授業を展開し、学習者の主体的な学びを保証するには必要不可欠なものである。
    教師が教育内容として取り上げたいものが、子どもにどのような価値と意味を与えるかを考え、子どもの実態に合わせて、さらには、より楽しく取組んでいけるように選択と配列構成を行い、教師自身が絶えず教育内容を吟味し、質的改善をしていく必要がある。
    一方、学習指導案は1時間の授業を念頭に置き、その時間の流れに即した授業展開を構想..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。