教育学概論1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数384
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本女子大学A判定レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古今東西の教育学者、教育思想家、または教育実践家を1人あげ、その人の思想や実践について述べ、さらにそれに対するあなたの意見を述べなさい。
     
     私は、幼稚園の創設者として著名なドイツの教育者、フレーベルについて述べたいと思う。フレーベルは幼児にとって遊びが大切なことを主張し、幼児が幼児らしく過ごすことのできる幼稚園を創った人物である。また、幼児が遊びに使う積み木の原型を創ったのもフレーベルである。では、なぜフレーベルは幼児にとって遊びが大切だと考えたのか、そして幼稚園を作ったのか。彼の生い立ちと思想をもとに考えていきたい。
     フレーベルは寂しい子ども時代を過ごし、10歳の頃に叔父にひきとられ、その時はじめて暖かな家庭生活を経験することができたとされる。この経験が幼児期の教育を重視する考えをもつきっかけになったと考えられている。知人の勧めで教職に就いたフレーベルはペスタロッチに出会い、彼の実践と思想に強く影響を受ける。そして、2年間ペスタロッチのもとに滞在し教育思想や方法を学んだのである。ペスタロッチのもとで子ども中心の教育の諸原理を学んだフレーベルは、それを一層発展させ、自らの独特な神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。