小児保健学2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数266
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本女子大学通信教育A判定レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達障害(自閉症、ADHD、学習障害)について考察してください。
    ・『自閉症』とは言語の発達の遅れ、対人面での感情的な交流の困難さ、反復的な行動を繰り返す、行動様式や興味の対象が極端に狭い、極度の自己中心的思考になる、被害妄想を持つ、ストレスによるDV発症などの様々な特徴がある。喋らなすぎるにせよ、喋りすぎるにせよ、プロトコルの互換性が低いがために対他的コミュニケーションポートが相対的に「閉じ」気味の存在であることは、あらゆる自閉症児に共通する。
    「自閉」という言葉から、他者とのかかわりを一切持たない、寡黙というイメージを連想することもあるが、実際の自閉症の場合は、一般的に恥ずかしいと思って秘密にするような事でも正直に話してしまうなど、むしろイメージ的には自閉とは逆の「自開」であるという人もいる。なお、自閉症の症状は人によってかなり異なり、以下の特徴が当てはまらない場合もある。
    このような自閉症の特徴を考慮した上で、教員という立場で知的障害をともなう自閉症児にかかわる際の配慮点を構造化・声かけ・情報処理・パニック・問題行動に分けて考える。
     構造化としては、場所や場面を理解しやすくする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。