家族関係論(2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数774
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    夫婦間暴力のメカニズム及び問題解決の在り方について論じてください。
    夫婦間暴力とは 
     夫婦間暴力とは、配偶者やパートナーなど、極めて親しい間柄にある人からの一方的な暴力のことで、虐待といえる深刻なものです。DV(ドメスティック・バイオレンス)とも呼ぶ。夫婦間暴力は大きく分けて次の5つに分かれます。
    身体的暴力
     殴る、蹴る、物を投げつけるなど、直接身体に暴力を加える行為。
    精神的暴力
     大声で怒鳴ったり「誰のおかげで飯が食える」や「女が口を出すな、黙っていろ」と罵る、何を言っても無視をする、大切なものを壊すなどの行為。
    性的暴力
     避妊に協力しないことや性行為を強要するなどの行為。
    経済的暴力
     生活費を渡さない、家計に関与させないなどの行為。
    社会的暴力
     実家や友人との付き合いを禁止する、外出を制限するなどの行為。
     暴力を行う加害者については、一定のタイプはなく、年齢・学歴・職種・年収に関係がないと言われています。また、人当たりがよく、社会的信用もあり周囲の人からは「家で暴力を振るっているとは想像できない」と思われている人もいる。
     夫婦間暴力は、男女の不平等な力関係から生まれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。