家族関係論(1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数588
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    晩婚化、未婚化の社会的背景と影響について論じてください。
      晩婚化や非婚化は、社会に直接的に大きな影響をもたらさないとされているが、出生年齢を引き上げることにより、少子化の大きな要因となっている。
    では、なぜ近年では晩婚化、非婚化となっているのか。その社会的背景を現代の女性の就労状態、性別役割分業、また晩婚化、非婚化による少子化への影響について述べていく。
    現代の女性の就労状態
      近年、女性の就業に対する意識は積極化しており、「仕事と家庭の両立」を望む女性が増えている。現在、政府をはじめ企業などでは、安心して子どもを産み育て、意欲を持って働ける社会環境の整備に積極的に取り組んでいる。しかし一方で、未だに女性の仕事と家庭の両立には、トレード・オフの関係があるといわれている。その為、理想と現実の間にはギャップが生じていると考えられる。
     このようなギャップが、結婚したくても出来ないといった現実をもたらし、晩婚化・非婚化をもたらす一因となっている。また、晩婚化によって初産年齢が上昇することによる身体的な理由により、女性が子どもを産むことに対して、昔よりも高度で専門的な知識やサポートが求め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。