総合学習の現代的課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数174
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    総合的な学習の時間に課せられる現代的課題について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     総合学習の現代的課題について    
    指導する上で大切なこと
    このレポートの目的は「総合的な学習の時間」についての現代的課題について指導する上で大切なことを明らかにしていくことである。そのためにまず、総合的な学習の時間について『授業研究300』を要約しながら、同時に『総合学習をたのしむ』を使い詳しく見ていく。次に、総合的な学習の時間についての現代的課題の中から、例として3つを取り上げそれぞれ各項目ごとに『授業研究300』を要約しながら、各項目ごとに違った参考文献を用いて見ていく。そして最後に、総合学習について自分の意見を述べる。
     「総合学習とは、一般に、特定の教科の枠や内容にとらわれないで、通常の教科の学習ではできないような課題や複数の教科に関係する内容を追求したり、体験したりすることを目指す学習を意味する。」(文献①、282項)「総合学習」という形で提唱されたのは70年代の後半になってであるが、総合学習というものが提唱し始まったのは近年ではなく、その背景にはさまざまな取り組みがあった。70年代の後半に総合学習は「個別的な教科の学習や、学級・学校内外の諸活動で獲得した知識や能力を総..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。