不登校について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数716
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    不登校について考察しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     不登校を減少させるために
    どのような取り組みが必要であるか
    このレポートの目的は、不登校についてこれから先、不登校を減少させるためにはどうすればよいかを明らかにしていくことである。まず、不登校とはどのようなことかについて『授業研究300』を使って述べ、その後に日本の不登校の現状はどうなっているか、不登校の種類はどのようなものがあるか、不登校の生徒の不登校の理由、継続理由は何かを『不登校』を使って内容を引用しながらまとめる。そして『不登校への対応と学校の取組について』を使い、不登校への取り組みと今後の課題について触れ、最後に自分の考えを述べる。
     今日にいう「不登校・登校拒否」の問題は、1960年頃から注目され始はじめ、当初は「学校恐怖症」という用語でとらえられていた。1966年には、長期欠席の理由の中に、「学校嫌い」という項目が設けられるようになった。心理的、精神的な理由から登校を嫌って長期にわたって欠席をしているものをこの用語でとらえていたのである。そしてこの概念が拡大され、一般的に「登校拒否」という用語が使われるようになった。1980年代になると「登校拒否」にかえて、「不登校」と..

    コメント2件

    国立心理系ゼミ3年生 購入
    教育や心理学専門の方より、一般教養の?レポートでした。ありがとうございました・
    2010/12/05 6:27 (6年前)

    てごにゃん 販売
    コメントありがとうございます。
    2010/12/05 22:45 (6年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。