倫理学 カント 永久平和論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数864
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    カントの永久平和論についてまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「カント」永久平和論について
    はじめに
    今からおよそ200年ほど前に哲学者カントによって提案された永久平和論は、日本が国際社会に貢献する状況にある今、この思想をもう一度深く検討する価値は大きい。200年も前に出版された永久平和論がなぜ今でも注目されるのか、カントの平和論とその現代的意義についてこのレポートを通じて学んでいきたいと思う。
    永久平和論が出版されるまで
    カントはホッブスより150年も時代的に後であるが、カントはホッブスと同じ観点から出発している。社会の起源に関するカントの理論は、この古き哲学者ホッブスと実際的には同一である。東プロイセンで生まれたカントは大学では哲学を専攻していた。しかし、ニュートンなどの近代自然科学にも目を開かれる。そして、それまでの哲学を批判的に総合して、科学・道徳・芸術・宗教の基礎をさらに徹底して考えていった。人間の理性がどのような能力や働きをもつかについて深く考察し、近代市民社会を生きる人間の自由や尊厳について注目すべきだという考えを打ち出した。[カントは単なる哲学のみではなく、道徳学・法学・国際法を含み、卓越した才能を示している。カントの永久平和論は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。