日経MJ②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    新聞での記事をまとめたものです。
    小売業関係の記事です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「お試し」のマーケティング術
     商品の特徴をより的確に伝え、その商品を欲しいと感じてもらうにはどうすればよいか。日用品や化粧品などの店頭では、自由に手にとって試してもらう「試供」販売に変化が起きている。サンプルを大量に配り、顧客をつかむという方法は飽きられてしまい、売り手と心の通う双方向の体験に、消費者は購入動機を見出し始めた。メーカーが仕掛ける「お試し」のマーケティング術について検討していく。
     まず、コーセーのマーケティング戦略についてである。コーセーが1月16日に発売したばかりのマスカラ「ヴィセ ラッシュエスカレーション」(2100円)の販売において、若い女性客たちの目を留めさせるユニークな展示サンプルを行っている。それは、人気歌手、倖田來未そっくりに仕上げた美容部員のメークだ。まつげはくっきりと長く、目元を強調した化粧はクールな印象である。「つけまつげを付けた様なまつげに」という新しいマスカラのうたい文句が、等身大の美容部員のメークを目の当たりにすることで、消費者たちにより伝わりやすくなる、というコーセーの仕掛けである。イメージキャラクターである倖田來未に対する若い女性たちの高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。