国語科教育法3 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数230
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科教育法Ⅲ 分冊1
    国語科教育法における「生きる力」の育成のための指導上の留意点として、次の1~4の語句を参照しなが
    ら、わかりやすく論述せよ。
    1
    2
    3
    4
     現行の学習指導要領で音声言語学習の推進が行われた。国語科教育における生きる力とは、一言で表
    せば伝え合う力である。あらゆる学校教育で行われる国語科教育においては、特に説明や発表といった
    伝え合う力を高めることが目標に掲げられている。それはコミュニケーション能力が社会の場で強く求
    められ、また日常生活において意思疎通を行う際にも必要不可欠なものであるため、他者との交流を通
    じて意見の交換をする、聞く話すといった音声言語能力の拡充、及び能力を高めるための試みがを養う
    ことが求められる。
     以上のような理由から、国語科教育法の根幹の一つである、聞く話すを養うための説明、発表を学習
    指導案の指導過程に盛り込む意義を確認する必要がある。そもそも伝える力とは自己確立に重要な方法
    の一つであり、会話という意思疎通の相互作用を学習の一環と捉えることで生きる力の育成へと繋が
    る。
     学校の教育現場では、これらの国語科教育で扱われる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。