国語科教育法2 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数220
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科教育法2 分冊1
    国語科授業の立場にたって、次の一、二の事項をそれぞれ論述せよ。
    一、国語科の指導計画と学校の年間計画の関連性について
    二、国語科と『学習指導要領』の関係について
     各学校の教師は国語科教育法を十分に把握した上で、国語学力の既製の資料や指導過程に頼ったり、
    指導過程の内容を従来の読み書きに注力するのではなく、話す聞くといった実践的な能力の習得も踏ま
    えて独自のものを構成しなければならない。
     まず、指導過程の重要性について言及する必要がある。国語科教育法の授業過程では、国語の学力が
    単なる知識技能の詰め込みではなく、人間的生活を切り開く力を養うことが大切である。国語科教育法
    では、教師や生徒が自己の学習状況を理解するために、各能力の習熟度究明するための指導過程が共通
    して強く求められており、学習内容や方法を、学年や教育者によって教師それぞれが作り上げ自覚しな
    がら授業を進めなければならない。
    国語科の指導計画と学校の年間計画の関連性には重要な関連性が存在する。
     全ての学校を通して国語科教育において、特に説明や発表といった伝え合う力を高めることが目標に
    掲げられて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。