応用微生物学実験_各種試験を用いた食中毒菌の同定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数955
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グラム染色、O/F試験、カタラーゼ試験、チトクロームオキシダーゼ試験、薬剤感受性試験、TSI試験等により食中毒細菌 (Vibrio、Aeromonas、Salmonella、Escherichia、Staphylococcusの内2つ)を同定する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
     グラム染色、O/F試験、カタラーゼ試験、チトクロームオキシダーゼ試験、薬剤感受性試験、TSI試験等により食中毒細菌 (Vibrio、Aeromonas、Salmonella、Escherichia、Staphylococcusの内2つ)を同定することを通して、食中毒細菌の取り扱いや同定方法に関する知識、技術を習得すること。
    方法
    [実験器具]
    ・検体 未同定の細菌AおよびE
    ・細菌検査用器具
     細菌白金耳、白金線、アルコール綿、アルコール
    ・グラム染色
     グラム染色液(3種)、スポイト、生理食塩水、顕微鏡、スライドグラス(4枚)
    ・カタラーゼ試験
     カタラーゼ試験液
    ・チトクロームオキシダーゼ試験
     チトクロームオキシダーゼ試験紙
    ・0/F試験
     ヒューレッソン培地 (培地の真ん中にパラフィンでシールがしてある)
    ・薬剤感受性試験
     ノボビオシンディスク、ペニシリンディスク、ストレプトマイシンディスク、薬剤感受性培地(2枚)、 
     滅菌生理食塩水2本、ピペット
    ・TSI試験
     TSI培地
    [方法]
     グラム染色
    生理食塩水をスポイトで取り、スライドグラスに1滴落として、そこに白..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。