ポリアクリルアミドゲル電気泳動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,222
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ポリアクリルアミドゲル電気泳動
    ○目的
     SDSポリアクリルアミド電気泳動を行うことにより,タンパク質の分離に関する原理を学び、タンパク質の分子量の測定や純度の検定ができるようになること。
    ○方法
     まず、ガラスプレートそれぞれのゲルに接する面をエタノールでよく拭き、汚れを取り乾かしておいた。次に、密着用のシリコンガスケットをスペーサーの付いたガラスプレートに装着し、切り込みのあるガラスプレートを重ねて大型のクリップで固定した。このとルの高さに目印として油性ペンで印をつけておいた。分離用ゲルは、100mlのビーカーに以下の割合で混合した。
    ・24%アクリルアミドゲル溶液               3.0ml
    ・2M Tris-HCl (pH8.7) 分離用ゲル緩衝液         1.4ml
    ・10% SDS溶液                     70μl
    ・10% 過硫酸アンモニウム                45μl
    ・N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン(TEMED)     20μl
    ・蒸留水                         2.5m..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。