ニトロ試薬による還元糖の定量

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,261
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      ニトロ試薬による還元糖の定量
    ○目的
     DNS法による還元糖の定量が出来るようになること。
    ○方法
     実験書に従って行った。ただし、測定試料はグルコース 0.0505g、フルクトース 0.0505g、スクロース 0.0256gをそれぞれ正確に量りとって作製した。なお、コカコーラのラベルには炭水化物 11.3 (g/100mL)、原材料には糖類(果糖、ぶどう糖液糖、砂糖) と記載してあった。
    ○結果
     まず、グルコースとフルクトースの吸光度を表4に、スクロースとコーラの吸光度を表5に示す。
             表1:グルコースとフルクトースの吸光度 (500nm)
    0 (mg/mL)
    0.202
    0.404
    0.606
    0.808
    1.01
    グルコース
    0
    0.3391
    0.5821
    1.105
    1.541
    1.883
    フルクトース
    0
    0.3716
    0.8167
    1.125
    1.602
    2.301
    スクロース (1mg/mL)
    0.00217
    コーラ (濃度未知)
    0.83856
    表2:スクロース及びコーラの吸光度(500nm)
    次に、表1より図1:グルコースおよびフルクトースの標..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。