タンパク質の定量

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数942
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              タンパク質の定量
    ○目的
     Lowry法によるタンパク質の定量をおこない、タンパク質の種類による発色の違いを説明できるようになること。
    ○方法
     実験書に従っておこなった。
    ○結果
     まず、BSA、lysozyme Cの各濃度における吸光度を以下に示す。ただし、lysozymeCの60、300(μg/mL)は試料調製のミスによりデータが得られなかった。
               表1:BSA、lysozyme Cの吸光度 (610nm)
    0(μg/mL)
    60
    120
    180
    240
    300
    BSA
    0
    0.128
    0.252
    0.344
    0.452
    0.555
    lysozyme C
    0
    0.365
    0.508
    0.627
    また、表1より図1:BSAおよびlysozymeCの標準曲線を作製した。
    次にBSAとlysozyme Cの標準曲線を用いて未知試料の濃度を求める。今実験において未知試料の吸光度 (610nm)は0.299 であったので、未知試料の濃度は、BSAを用いた場合は 108 (μg/mL)、lysozyme Cを用いた場合は 158 (μg/mL) となっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。