植物の体細胞分裂の観察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数796
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ:植物における体細胞分裂の観察
    目的
    コムギの根端の分裂組織を観察する。体細胞分裂における5つの時期の染色体の配列を観察し、植物の体細胞分裂への理解を深めること。
    方法
    1:コムギ(Triticum aestivum L.)の根端の採取
    2:前処理(pre-treatment)
     ・氷水処理(20~28時間)
     ・薬品処理
    3:固定
     ・酢酸アルコール(体積比 1:3)
    4:解離
    5:染色
    ・シッフの試薬(無色塩基性フクシン)で10分以上染色した。
    6:押しつぶし
     ・根端の濃染された分裂組織部分のみを摘出する。45%酢酸を1~2滴落とし、カバーガラスをかけ押しつぶしを行った。
    7:検鏡
      余分な酢酸を濾紙で吸い取ってから、プレパラートを顕微鏡で観察した。
    スケッチ及び調査した結果
    間期、前期、中期、後期、終期の5つの時期を観察した。間期の染色体は、黒い塊のようになっていて、所々に白く穴が開いていた。この白い穴は、染色されていない核小体であった。次に前期では、染色体は丸く中央によっていたが、細く1本1本がバラバラになり、短く太くなっているところが観察できた。中期では、染色体はやや縦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。