花粉の形態と稔性の観察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数597
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (Ⅱ)花粉の形態と稔性の観察
    緒論(Introduction)
    ここでは、花粉の形態と稔性の調査をおこない、被子植物の種類による花粉形態の違いを観察し、花粉の発生についての理解を深める。
    また、花粉には活性があることを理解し、その調査方法を習得する。花粉は乾燥した状態(乾燥型)と水分を吸収した膨潤の状態(膨潤型)では形態に著しく違いがある。その中でも今回は膨張型を観察する。
    材料と方法(Materials and Methods)
    ・植物材料
    <1>膨潤型花粉
    カンキツ
    ・ニンポウキンカン 2x(Fortunella crassifolia Swingle)
    ・ニンポウキンカン 4x(Fortunella crassifolia Swingle)
    ・ウンシュウミカン (Citrus unshiu Marcow.)
    ブルーベリー
    ・ハイブッシュブルーベリー(Vaccinium austral Small)
    <2>花粉発芽の観察
    ・“ヒュウガナツ(Citrus tamurana hort. ex Tanaka)
    ・実験方法
    1)膨潤型花粉の観察
    カンキツとブルーベリーの葯をもらい、スライド..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。