ガスクロマトグラフィーの原理と窒素固定活性の測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数578
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ガスクロマトグラフィーの原理と窒素固定活性の測定
    ガスクロマトグラフィーの原理と窒素固定活性の測定
    目的
    試料成分の吸着、および分配平衡の違いによって混合成分を分離する手法であるガスクロマトグラフィーの原理を理解し、正しい使用方法を習得する。また、ガスクロマトグラフィーを用いて、気体中のエチレン濃度の測定から窒素固定細菌の窒素固定活性を推定する方法を習得し、窒素固定細菌の窒素固定活性の違いについて考察する。
    材料
    この実験で使用した菌の種類は、サツマイモより分離された窒素固定エンドファイト細菌2種類、Burkholderia sp.とKlebsiella sp.と窒素固定活性のない大腸菌1種類、Escherichia coli(E.coli)であった。
    また、窒素固定エンドファイト細菌の2種類はLGIP液体培地(H2HPO4 0.2gKH2PO4 0.6g、MgSO4・7H2O 0.2g、CaCl2・2H2O 0.02g、NaMoO 4・2H2O 0.002g、FeCl3・6H2O 0.01g、0.5%BTB/0.2MKOH 5ml、Sugarcane sugar 100g、pH6.8..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。