保育者論試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数838
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育者論試験対策
    1、『保育所保育指針』に示された[保育の目標]を達成するために保育士はどのようなことに留意して保育をするかを述べなさい。
     保育所保育指針では、子どもの保育を通し、「子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培う」ということと、「入所する子どもの保護者、地域の子育て家庭に対し、その援助に当たる」ということを保育の目標として掲げている。保育士は、その保育の目標を達成するために、次の事項に留意して保育を行わなければならない。
    (ア)一人一人の子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の実態を把握するとともに、子どもが安心感と信頼感をもって活動できるよう、子どもの主体としての思いや願いを受け止めること。
    (イ)子どもの生活リズムを大切にし、健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境や、自己を十分に発揮できる環境を整えること。
    (ウ)子どもの発達について理解し、一人一人の発達過程に応じて保育すること。その際、子どもの個人差に十分配慮すること。
    (エ)子ども相互の関係作りや互いに尊重する心を大切にし、集団における活動を効果あるものにするよう援助すること。
    (オ)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。