教育史試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数586
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育日本子ども小学校学校社会教師女性発達国家

    代表キーワード

    教育史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、スパルタの子どもの教育と、アテナイの子どもの教育と比較して論ぜよ。
     スパルタの子どもの教育は出生から始められる。スパルタでは、子どもが生まれると「レスケー」という所に連れて行き、長老の検査を受け健常児と認められると、正式に国家の子どもとして育てられる。幼児はおしめもせず、身体を自由にして、食物も粗末なものを与え、偏食も禁じるなど。厳しい国家統制が敷かれていた。7歳になると母親の手から離れ国家の徴兵に収容される。知的教育というよりも真大帝教育である体操や球技、拳闘などを重視した教育が行われた。18歳になると軍事教育を受け、武器の使用方法や戦闘訓練を積み、その後正式に軍隊に入り10年間国境警備として勤務する。30歳頃になってようやく大人として認められ、一人の市民として国家に奉仕することになる。また、国家の維持と利益のために健康な子孫を産んで育てることを女性に求め、女性に対しても国体訓練を施し、勇敢な精神を養った。
     一方、国家主義の典型であるスパルタの教育に対し、デモクラシー国家を建設したアテナイの教育は対照的であった、7歳頃まで家庭で母親や乳母の保護を受けて育てられ、生まれた赤ちゃ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。