教育史「「スパルタ教育」について思うところを述べよ。 」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数675
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育歴史子ども戦争社会政治国家大学人間言葉人口

    代表キーワード

    教育史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育史 「スパルタ教育」について思うところを述べよ。
     「スパルタ教育」とは、普段からよく耳にしたり、何気なく使ったりしている言葉である。「あそこの塾は、結構スパルタらしいよ。」「あの子の家庭は、スパルタだから…」など、「とても厳しい」という意味で使用されているが、何故、「スパルタ」がそのような意味を持つ言葉になったのか、その由来について興味が湧いた為、この設題を選んだ。
     「スパルタ」とは、古代ギリシアのドーリア族がつくったポリスの名称であり、スパルタ教育とは、そこで行われていた教育のことである。
     前20世紀から前12世紀頃にかけて、バルカン半島から南下したギリシア人たちは、ギリシア半島のエーゲ海沿岸及びその付近に定住、集住し、前10世紀頃からポリスと呼ばれる都市国家を形成した。そのポリスの中で最も強大であり、特色のあるものとして、歴史上重要な役割を果たしたもののひとつが、ドーリア族のつくった「スパルタ」であった。ここでは、社会的・風土的・歴史的な特性に応じ、独自の教育が行われていた。では、具体的にスパルタ教育がどの様なものであったか、述べていくことにする。
     スパルタの人口は約4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。