小児栄養 糖質・脂肪・タンパク質の主な食品名、働きを述べ、幼児栄養の特徴・献立の留意点っを述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数623
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児栄養 糖質(炭水化物)、脂肪、タンパク質の主な食品名をあげ、一般的なその働きを述べ、幼児栄養の特徴と献立を立てる時の留意点を記しなさい。
    本リポートでは、三大栄養素の特質について述べた後、幼児栄養の特徴と献立の留意点について記すことにする。
    ●糖質(炭水化物)
     主な食品は、日本人の主食となる米や小麦などに多く含まれる。芋類や豆類、果物などにも含まれており、植物性の食品に多く含まれているのが、特徴である。
     一般的な働きは、生命活動を支えるエネルギー源であり、特に脳や神経系に関しては、唯一のエネルギー源となる。
    炭水化物は、単糖が多数結合したもので、糖質と食物繊維に分類される。糖質は、消化酵素の働きにより単糖類へ分解された後、肝臓や筋肉組織に取り込まれ、グリコーゲンとして貯えられたり、アミノ酸の合成材料となったり、ブドウ糖となり身体全体に運ばれる。燃焼スピードが速いため、即効性のあるエネルギーとなる。しかし、摂取しすぎるとインシュリンの分泌が低下し、糖尿病の原因や肥満、高脂血症、脂肪肝、動脈硬化などの原因となる恐れもある。
    一方食物繊維は、人の消化酵素では消化できないため、エネルギ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。