教育原理試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数604
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境憲法日本子ども社会文化法律保育国際

    代表キーワード

    教育原理

    資料紹介

    素質と環境について。教育の社会的役割について。児童中心主義の教育。日本国憲法と教育基本法の関連について。直観教育の系譜について。{改訂教育基本法(H/18/12/15)}と{旧教育基本法(S22/3/31)}を比較して各自の思うところを述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①素質と環境について述べよ。
    人間の人格は、先天的な素質と後天的な環境との関連によって形成される。その形成における原理は、環境影響→模倣暗示→環境体験の三過程に基づいている。
    先ず、幼児期においては、素質と環境は因果関係にあり、素質は、環境の影響を強く受ける。年齢が進むと、そこに模倣が加わり、また暗示によって行動するようになる。更に、文化が進み、自己意識が確立すると、自らの環境を好ましいものにしようと改善・創造を重ね、環境体験を積んでいく。しかし、それらは必ずしも、個人、時間、内容によって同一ではない。従って被影響性の差異、被影響性の最適、環境超越の三つの法則により適応していくのである。
    以上のことから、素質は、絶対的で先天的なものでありながら、その素質を基に形成される人格が、自然社会・文化環境と相互に働きかけ合い成長し変化していく。
    そして、理想的な人間、社会像を目指す環境をつくることこそが教育であり、新しい人格や社会の現実が可能となるのである。
    ②教育の社会的役割について述べよ。
     教育の社会的役割には、大きく分けて3つある。
    1つ目は、社会のもつ制度、風習、社会形式などの文化を後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。