創作童話作家としてのアンデルセンについてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数732
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども学校文学児童大学結婚小説童話世界体験

    代表キーワード

    文学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     創作童話作家としてのアンデルセンについ      
     てまとめなさい。
         
     アンデルセン童話は、幼い頃、誰もが両親や幼稚園、保育園の先生に読み聞かせてもらい耳にしたのではないだろうか。彼の作品には、現在も世界中で愛される素晴らしい話が沢山ある。このような作品を創作した童話作家アンデルセンはどのような人物だったのだろうか。
     本名ハリス・クリスチャン・アンデルセンは、一八〇五年四月二日デンマーク・オーデンセという町で、22歳の病気の靴職人の父と8歳年上の母の家で生まれた。家庭は貧しく、一つの部屋で家族全員が眠っていた程で、生後間もないアンデルセンは、ベビーベッドの代わりに棺桶で寝かされていたという。
     アンデルセンは、両親の愛と母親の盲信によって育てられた。母は、非常に信仰の厚い女性で、神に祈りを捧げることを教えた。父は文学好きで、ラ・フォンテーヌの寓話や千一夜物語などをアンデルセンに読み聞かせた。更に、祖母やその仲間の老婆達から、デンマークに伝わる昔話を聞かされて育つ。こうした体験が優れた童話作家となる一つの要素となっている。しかしアンデルセンは、家系や極貧の生い立ちに深い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。