日本の児童文学に大きな影響を与えた鈴木三重吉の「赤い鳥」運動についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数840
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「赤い鳥」【薯】鈴木三重吉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本児童文学に大きな影響を与えた鈴木三重吉の「赤い鳥」運動についてまとめなさい。
     
    日本でかつて行われた「赤い鳥」運動。この運動により日本の児童文学は、大きな影響を受けることとなった。この運動を始めたのは、鈴木三重吉(明治15年~昭和11年)という小説家であり、児童作家、雑誌編集発行者だった人物である。では、その鈴木三重吉が行った「赤い鳥」運動について詳しく見ていくことにする。
    「赤い鳥」運動とは、鈴木三重吉が子どもたちに質の高い童話や童謡を与えたいとの思いから、子どものための芸術として、真価ある童話や童謡を創作し創刊していく雑誌「赤い鳥」を大正七年七月に発行したのが始まりである。これによって日本の児童文学は、内容、形式とも新しい展開がもたらされた。
    この「赤い鳥」は、世界的な自由主義志向と児童の個性尊重を唱える教育思潮を背景に、童心主義に立って児童文学、児童文化の質的向上を意図した文学運動であった。
    当時の日本の教育は、明治以来の国家教育や画一的な統制教育から、子どもの個性と創造性を重視する児童中心主義の教育へと移行しようとしていた。それは、私立学校の創立とその教育実践といった自由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。