環境指導法 幼児の発達における「環境」の意義を説明せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数393
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境発達幼児保育人間学習大学言葉影響幼稚園

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    リポートの丸写しによる提出は避けてください。最後のまとめの部分を自分なりに工夫してみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児にとって環境とは、幼児を取り巻く状況全てであり、自然や社会環境を含めた物事や事象、親や教師をはじめとした人々、物や人が作り出す雰囲気、時間、空間など全てが環境と言う言葉に当てはまる。
     環境が幼児に与える影響は大きく、とても重要なものであり、平成2年4月から新しい幼稚園教育要領が実施され、その冒頭でも「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ環境を通して行うものとする」と述べており、環境が幼稚園教育において重要な位置にあるということが推測される。これは、「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」と言う基本的意図を、さらに明確化したものである。
     従来、発達とは「人間が生まれ成人に至るまでの時期」の現象と考えられ、この変化、発達段階に合わせた教育を行い、教育の成果を上げてきた。しかし今日では、生涯学習の声が高まり、人間は生涯にわたって教育され「人格の完成」に向かって進むべきものと考えられている。
     私たち人間は、他の動物に比べ極めて未成熟な状態で生まれるため、長期にわたり母親など周りの大人の助けなしでは生き続けることができない。人間は、どのよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。